読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

仮面ライダーエグゼイド 32 話 貴水博之変身回

まさか檀政宗仮面ライダークロニクル計画の黒幕だったとは。仮面ライダークロニクルというゲームを作ったのは檀黎斗で間違いないと思うのですが、檀政宗が黎斗を誘導していたということなのでしょうか。少年の頃の黎斗は純粋で素直そうでしたものね。誘導するの簡単そう。純真な少年黎斗の才能を利用して、その結果、黎斗の人格も人生も歪んでしまったんですね。ひどい父親です。

 

政宗が、というか貴水博之さんが仮面ライダークロノスに変身したのは嬉しい驚きでした。でも変身ポーズはおとなしかったですね。ほぼ立っているだけ。パラドのマックス大変身くらい動いてほしかったな。パラドの変身ポーズ、好きなんですよね~。

 

クロノスには「ポーズ」という特殊能力があり、自分以外の時間を止めることができます。動けない永夢やパラドに攻撃をヒットさせ、変身を解除させていく檀政宗。ラヴリカなんて止まった時間の中で必殺技をくらい消滅してしまいました。容赦ありません。ラヴリカは重要そうなポジションで突然登場したかと思うと、特に仕事をすることなくあっさりと退場。彼の役割は何だったのでしょうか?

 

ラヴリカの死にパラドがとてもショックを受けており、永夢はそんなパラドに思うところがあるようでした。これは共闘フラグでしょうか?仮面ライダー達とパラドが手を組み、仮面ライダークロノスを倒し、最終的には永夢がクロノスの力を手に入れるんじゃないかと思います。仮面ライダークロニクルのラスボス・ゲムデウスに勝つためにはクロノスの能力「ポーズ」が必要ということですし、ラスボスを倒すのは主人公でなくてはいけませんから。

 

ところで。貴水さんは声もかっこいいですねぇ。ボーカリストだからか、よく通るいい声です。「聞き分けのない子は…嫌いだ」「ときめきクライシスは絶版だ」等々クロノスのセリフには聞き惚れました。悪役似合っていますね。

 

今回印象に残ったセリフはもう一つあります。「君のような男にレディーは振り向かない」。飛彩先生がラヴリカに言われたこのセリフです。これ確かにそうなんですよね。飛彩先生ってとてもイケメンなのですが、全くときめきません。クールなキャラで感情を表に出さず、また多くを語らないから、ときめくポイントがないのですね。でも、今回の「親父の背中を見て医師を志した」というところは「おっ?」と思いました。この辺のアレコレでラヴリカガールの心を掴んで、飛彩先生がラヴリカをやっつけるのかな~と思ったのですが、全然違いましたね。27 話の大我のようなスーパーかっこいい飛彩先生が見られるかと期待したんですけど、残念。

仮面ライダーエグゼイド 31 話 黎斗とポッピーの絆

ポッピーが黎斗の頬に手を添え、黎斗への想いを告白するシーンがとても美しくてドキドキしました。告白といっても、2人の間にあるのは恋愛感情ではなくて親子の愛情なのですが。この2人の関係は複雑ですね。どっちが親で、どっちが子なのでしょうか?

 

バグスターであるポッピーピポパポを創り出したのは黎斗だから、黎斗が親のようでもあり、ポッピーの元となった人間は黎斗の母親だから、ポッピーが親のようでもあり。

 

一方的に守り守られる関係ではなく、お互いに子のように慕い、親のように守ろうとする姿が、とっても素敵です。

 

ポッピーピポパポという名前を考えたのも、ポッピーの可愛らしい性格をプログラミングしたのも黎斗なのですね。お母さんのバグスターをこんなにキュートにするなんて、黎斗はお母さんのことが大好きだったんですね。ポッピーの回想の中の、お母さんと話しているときの黎斗はいい笑顔しているもの。

 

さて。31話で分かったことは以下の通りです。

 

ゲーム病で消滅した人間のデータは感染したウイルスと同型のガシャットの中にある

 

ポッピーピポパポの元になった人間は黎斗の母親

 

黎斗の母親をバグスターに感染させたのは黎斗

病気で余命いくばくもない母親のデータを保存するための処置だったようです。

 

仮面ライダークロニクル攻略のために倒す必要のあるバグスターはあと3体

(1) パラド:永夢に感染しているバグスター

(2) グラファイト:飛彩の消滅してしまった恋人に感染していたバグスター

(3) ラヴリカ:黎斗(人間)消滅後、ゲンムの新社長として唐突に出てきたバグスター。元になった人間はもしや黎斗なのでしょうか…?

 

物語の前半から登場し、主人公たちと因縁のあるパラド、グラファイトに並んで、ぽっと出のラヴリカがいるのに違和感があります。ラヴリカにはとんでもない秘密が隠されているような気がしますね。

仮面ライダーエグゼイド 黎斗復活

黎斗がバグスターになって復活した30話。

 

復活時のスーツには「game master」と書いてありました。他にもゲーム画面やらコードやらが貼り付けてあって、黎斗のこだわりがよく分かるスーツでした。ゲーマーやゲームキャラが多数活躍する仮面ライダーエグゼイドですが、作中一番ゲームを愛しているのは黎斗なのかもしれませんね。

 

永夢に完敗し、パラドに裏切られ、しょげちゃうんじゃないかと思いましたが、傲岸不遜ぶりは健在でした。「復活したみたい。バグスターとして。」(by ポッピー)のところの黎斗の笑顔が素敵でした。相変わらず表情豊かで、見ていて楽しい人です。

 

人としてどうかというレベルの倫理観の希薄さも健在のようです。しかし、バグスターになったことでガシャットを持つポッピーには逆らえなくなってしまったようなので、もう暴走できませんね。

 

永夢・パラドのコンビに惨敗するという挫折を経ても一ミリもブレない黎斗は、どういったキッカケで成長するんでしょうか。主人公であり、檀政宗から「息子を救ってくれ」と言われた永夢と、黎斗の姉であるポッピーが目を覚まさせるんだろうとは思いますが、惨敗以上のインパクトのある事件となると何でしょうね?黎斗のピンチにポッピーが身を挺してかばい、瀕死のポッピーを見て覚醒するというのはベタすぎですかね。

 

そうそう、先週の予想ではポッピーの元となった人間は黎斗の母親だとしていましたが、姉かもしれないと思い直しました。母親だとすると、永夢の相手役のヒロインとしては年齢が上すぎる気がします。既婚者のヒロインというのも仮面ライダーっぽくありません。薄紫色のアンサンブルという服装が母親っぽく思わせたのですが、社長令嬢らしく落ち着いた雰囲気の清楚なお姉さんなのでしょう。

仮面ライダーエグゼイド パラドの正体、その他もろもろの答え合わせ

今週の仮面ライダーエグゼイドの内容は濃かったですね。

色々な疑問の答えが明らかになりました。

 

私の予想はことごとく外れたなぁ…

予想が外れるという予想だけが当たった感じでしょうか。

 

今週分かったことをまとめて、懲りずに今後の予想をしていきたいと思います。

 

永夢の本来の姿は「心優しい研修医」

優しい性格の研修医は本来の永夢の姿でした。

「心優しい研修医・永夢はバグスター」説を諦めるときがきたかぁ。

「俺口調のゲーマー・永夢」が本来の姿だと思っていましたが、

それはバグスター(パラド)の性格で、もともと内気で優しい少年だったみたいですね。

 

永夢、一緒にゲームをする友達がいなかったのか…

架空の友達をつくって心のなかで遊んでいたとか、今の「心優しい研修医・永夢」のイメージからも外れてますが、パラドが生まれたことで少し社交的になったんでしょうか。

 

パラドが分離した今でも、ゲームをプレイするときは俺口調の気の強い性格が出てくるようですね。

永夢とパラドの心はつながっているとパラドが言っていましたが、その影響でしょうか。

この辺はゲーム病が何なのかを考える手がかりになりそうですね。

 

自分がゲーム病だと知ったあと、永夢が「俺口調のゲーマー・永夢」になったのは、

パラドが身体をのっとっていたからでした。

ストレスからゲーム病が進行し、消滅しそうになった永夢の身体をパラドが中に入ることで支えたようです。

 

ところで、ずっと小児科医だと思っていましたが、永夢は研修医なんですね。

そういえば大人のゲーム病患者も診ていましたね。

 

ニコにゲームで勝ったのはパラド

ニコにゲームで勝ったのは、永夢の中にいたパラドでした。

私の予想が外れた原因はここを間違えたことです。

ずっと、ニコに勝ったのは本来の永夢だと考えていました。

本来の永夢は俺口調だと示唆するためのニコの「昔の永夢は俺って言ってた」発言だと思っていたのですが、

ニコとゲームで対戦したときには既にゲーム病に罹っていたことを示唆する発言だったのですね。

完全に取り違えていました。

 

パラドは永夢から生まれたバグスター

パラドは永夢から生まれたバグスターでした。

 

子供の頃、一緒にゲームをするために永夢が作り出した架空の友達。

それが具現化した姿が自分だとパラドは言っていましたね。

これもゲーム病が何なのかを考える重要な手がかりになる発言ですね。

 

寂しさを紛らわすために作り出した心の中の友達、元となった人間の心とバグスターの心はつながっている、ストレスで悪化する、これらのことから推測するに、ゲーム病とは…

  

ゲーム病は多重人格障害

ゲーム病とは多重人格障害、すなわち解離性同一性障害ではないでしょうか。

制作発表の時点から永夢は多重人格者だと言われていたので、

そんな勿体ぶって発表することでもありませんが。

私、心理学には(も?)疎いので、解離性同一性障害という言葉は wikipedia で今知りました。

そのレベルの素人の意見なのですが、ゲーム病の症状と wikipedia に書かれている解離性同一性障害の症状は似ているような気がします。

ゲーム病患者は主人格、バグスターは交代人格。

 

ゲーム病で消滅してしまうとは、辛すぎる現実に主人格が耐えられず、

交代人格が常に表に出ている状態なのではないでしょうか。

 

ということはですね、ゲーム病で消滅してしまった人たちは

交代人格であるバグスターの中にいるのではないでしょうか。

消滅してしまった人たちが生き返る可能性があるのではないかと思います。

 

仮面ライダークロニクル内でゲームオーバーしたプレーヤー達がバグスターを生み出しているような描写はなかったように思いますが、この人達も実はゲーム内のどこかにいるのではないでしょうか。

仮面ライダークロニクルを攻略すれば消滅した人達が戻ってくるというのは本当なんだと思います。なんだか希望が見えてきました。

 

ポッピーピポパポの元になった人間は黎斗の母親

ポッピーピポパポの元になった人間は黎斗の母親のようですね。

自分の考えたゲームをお母さんに得意げに披露している少年・黎斗が可愛かったです。

この頃は純真だったんですね。

お母さんが消滅してしまったことで、黎斗は暗黒面に落ちてしまったのでしょうか。

 

これは、檀政宗の出番ではないかと期待してしまいます。

「母親が消滅したことで、あの子は変わってしまった…」みたいな暴露話を永夢達にするとか。

もしくは、バグスター体のポッピーを見て「(妻の名前)…」とか呟いて、

ポッピーが何者なのか永夢達に知らせるとか。

また仮面ライダーエグゼイド内で貴水さんを見られるといいな。

 

ポッピーピポパポの行方

バグスターを倒して、消滅させることでゲーム病を治療している永夢達ですが、

解離性同一性障害の治療って交代人格を消すことではないんですよね。

交代人格もその人の一部な訳ですから、消すのではなくて主人格と統合するのです。

ですから、仮面ライダーエグゼイドでも最終的にはそういう方向(バグスターが人間に統合・吸収される)にいくと思います。

ポッピーは消えてしまうと思いますが、復活した黎斗の母親の中に

永夢がポッピーを見つける感じのエンディングを迎えるのではないでしょうか。

Knock beautiful smile

5月24日に access のシングル「Knock beautiful smile」が発売されますね。

 

「Knock beautiful smile」ってどういう意味なんでしょうか。

私の英語力では「美しい笑顔を打ちのめせ」になるんですが、まさかね。

そういうメッセージのロックもありだと思うけど、access が歌うイメージはないな。

 

MV が youtube で公開されているので視聴しました。

やはり笑顔を壊す感じはないですね。

「笑顔に触れる」とか「笑顔を呼び出す」とかそんなところかな、と思いました。

 

分からない英単語があったら、文脈から推測しなさいと高校のときの英語の先生が言っていました。

 

MV は歌詞の内容を忠実に映像化しています。

ビルの谷間で踊る少女。

沈みゆく夕日。

見上げる星空。

だから MV を見ればどういうメッセージの歌か分かると思うのですが、

公開されているのは途中までなので結論は出せませんでした。

 

歌詞も一生懸命聞き取ろうとしたのですが、肝心の笑顔について歌っているサビが聞き取れず。

「いつか笑顔がつなぐゆひかり」って聞こえるんですけど、「ゆひかり」のところ何て言っているのかな…

この部分、何度も何度も聞いたんですが、貴水さんの微笑みがすごく好きです。

 

現在公開されている部分では私にはこれ以上は分からないな。

5月24日を待ちましょうかね。

 

ところで、私にとって access の MV といえば三部作の印象が強いので、

今作で少”女”が出てきたのが妙に新鮮で、ついでに時の流れを感じました。

今年は access 結成 25 周年だもんねぇ。

25 年前は access にハマりにハマり、皆でキャーキャー騒ぎながら

本当に楽しい日々を過ごさせてもらいました。

25 周年おめでとうございます。そして、ありがとうございます!

仮面ライダーエグゼイド パラドの正体

良い子なポッピーピポパポが戻ってきましたね~。

ポッピーが誕生したときに犠牲になった人間への罪悪感はあるようですが、

仮面ライダークロニクルで消滅した人間への責任は考えないみたいですね。

私の展開予想はだいたい当たらない。

 

でも細かいことは気にせずに、どんどん話が展開していくドラマは好きです。

もともと私はハリウッドのサメ映画やらゾンビ映画やらを見て、

死ぬ順番当てを嬉々としてやっているような人間なので

ポッピーを非難するつもりもさらさらないしね。

ちなみに、死ぬ順番当ての方もだいたい当たらない。

 

ところで、パラドが「俺はお前だ、永夢」と言ってましたね。

こういう展開も好きなんですよね~。

だからどういう意味なのか考えてみたいのですが、

パラドがこれまでどういう風に描かれていたのかが分からない。

名前も今回初めて知ったくらいだしね。

 

仮面ライダーエグゼイドを真面目に見始めたのは最近のことなので、

バグスターたちのキャラも設定もよく知らないのです。

でも、息子は全話録画して、全ての話を2、3回視聴しています。

だから息子にパラドは何者なのか尋ねてみました。

 

そしたら「バグスターだよ」と教えてくれました。

それくらい今一緒にテレビを見てたんだから知ってるんだよね~。

他には何かないのか尋ねても「それ以上は分からない」と言われてしまいました。

 

息子の物語の理解力がすごく心配になるんですが、私の血をひいているからまぁ仕方ない。

いろいろ想像で補いながら考えてみます。

 

「俺はお前だ」かぁ。

 

考えられる可能性の1つは、パラドと永夢(ゲーム病に罹る前の本来の性格の方の永夢)はゲームが全てという性格が一緒だという意味ですかね。

パラドはゲームのキャラなだけに人生はゲームだという考えの持ち主のようだし、

永夢も昔はゲーム至上主義者で現実の世界をゲームのように捉えていたようですからね。

永夢が自分がゲーム病だと知り、普段の生活でも俺口調になったとき、そんな本来の性格が垣間見えましたよね。

 

他に考えられるのは、パラドが永夢の分身である可能性でしょうか。

今回、パラドがあっさりと永夢の身体をのっとったことからも、

パラドが元は永夢の一部であったというのはあり得るように思います。

この場合、もちろん永夢がゲーム病であることと関係するんでしょうね。

 

ゲーム病に罹った永夢のなかで何が起こったのか?

 

ゲーム狂の性格がバグスターとなって分離し、優しい性格だけが人間の身体にとどまった、とか?

でも他のゲーム病の人たちを見ていると、元になった人間の性格がバグスターに引き継がれている訳ではなさそうなので、この説には無理があるかと思います。

それに、永夢の中にはまだバグスターがいるみたいですしね。

 

私としては、実は永夢は2つのゲーム病に同時に罹っていた説を推したいです。

永夢の中には2体のバグスターがいたということです。

1つはパラド、もう1つは優しい性格の小児科医・永夢。

 

心優しい小児科医・永夢がバグスター説はまだ諦めていません。

ゲーム病が進行してパラドは実体化したけれど、心優しい小児科医バグスターのお陰で、

俺口調のゲーマー・永夢(人間)はかろうじて消滅を免れている。

パラドと永夢(人間)が共にゲーマーなのは偶然です。

…まぁ、違うと思うけど。私の予想は当たらないから。

仮面ライダーエグゼイド 大我とニコ

花家大我がかっこよかった27話。

もう本当にかっこよくて、この回の録画を永久保存する勢いです。

 

何が良かったって、「俺のそばから離れるな」が最高でした。

大我とニコがずぶ濡れっていうのも良い演出でした。

 

花家大我というのは仮面ライダーの1人で、

無免許だけど腕のいいブラックジャックのような医者です。

昔は主人公の永夢が勤めている病院で働いていたんだけれど、

なんか色々あって医師免許を剥奪されて追放されちゃって、

その辺のわだかまりから初登場時は永夢達と敵対していました。

今では、まぁ仲良しではないけれど、一緒に敵と戦ったりする間柄です。

 

ニコというのは口の悪いゲーマーで、

昔ゲームで永夢に負けたことをずっと根にもっている女の子です。

で、大我に永夢をやっつけるよう依頼してきました。

その後ゲーム病にかかり、大我に治してもらっています。

それからは大我とずっと一緒にいるようなんですが、

正直何がしたいキャラなのか私にはよく分からない。

まだ大我に永夢をやっつけてもらおうと思っているのかな?

 

で、今週の27話です。

昨日、いつものように息子が横で仮面ライダーエグゼイドの録画を見ていました。

私はほとんど見ていなかったので、

どういう展開でそうなったのかはさっぱり分からないのですが、

ふとテレビ画面を見たらですね。

 

大我がずぶ濡れになりながら、公園の池の中で倒れたニコを庇うように敵の前に立ち塞がって、

敵を睨みつけながら、ニコに「俺のそばから離れるな」と命じたんですよ。

そして、やはりずぶ濡れのニコが大我を見つめる、というね。

 

もう一瞬で恋に落ちちゃいましたね、私が、大我に。

少女漫画脳にはたまらないシーンでした。