映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダークロニクル開始回

先週の放送ではポッピーピポパポはすぐに元に戻るだろうと思いましたが、

今週の内容を見てもう人間側に戻れないような気がしてきました。

何人もの人間を消滅させておいて「洗脳されていました~」では済まないよねぇ。

「ライフは1つだけ。コンティニューはできませ~ん」がすごく可愛かったので、

もうポッピーピポパポは敵のままでいいんじゃないかな。

 

しかし、人間が消滅するシーンはまだ慣れないなぁ。

普通に死んでいくのを見るよりもすごく堪えるんだけど、なんでなのかな。

何も残らず、存在自体が消えてしまう感じがキツイのかなぁ。

ハリウッドのアクション映画が好きだから、人が死ぬのは見慣れてしまっているってのもあるのかな。

 

初めて見たヒーロータイムの番組は海賊戦隊ゴーカイジャーでした。

怪人達が死ぬと爆発して消え去るのを見て、

さすが伝統ある子供向け番組は配慮が行き届いているなぁと感心しました。

死体のような生々しいものを見せないようにしてるんだなって。

しかし、怪人が消滅するのはなんとも思わなかったけれど、人間が消え去るのは哀れすぎる。

身体くらい残してあげてって思うけど、死体がゴロゴロ転がっているのもやっぱり問題がある気がする…

 

子供達の前でダイ・ハード2を観たのはマズかったかしら。