読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

仮面ライダーエグゼイド パラドの正体

良い子なポッピーピポパポが戻ってきましたね~。

ポッピーが誕生したときに犠牲になった人間への罪悪感はあるようですが、

仮面ライダークロニクルで消滅した人間への責任は考えないみたいですね。

私の展開予想はだいたい当たらない。

 

でも細かいことは気にせずに、どんどん話が展開していくドラマは好きです。

もともと私はハリウッドのサメ映画やらゾンビ映画やらを見て、

死ぬ順番当てを嬉々としてやっているような人間なので

ポッピーを非難するつもりもさらさらないしね。

ちなみに、死ぬ順番当ての方もだいたい当たらない。

 

ところで、パラドが「俺はお前だ、永夢」と言ってましたね。

こういう展開も好きなんですよね~。

だからどういう意味なのか考えてみたいのですが、

パラドがこれまでどういう風に描かれていたのかが分からない。

名前も今回初めて知ったくらいだしね。

 

仮面ライダーエグゼイドを真面目に見始めたのは最近のことなので、

バグスターたちのキャラも設定もよく知らないのです。

でも、息子は全話録画して、全ての話を2、3回視聴しています。

だから息子にパラドは何者なのか尋ねてみました。

 

そしたら「バグスターだよ」と教えてくれました。

それくらい今一緒にテレビを見てたんだから知ってるんだよね~。

他には何かないのか尋ねても「それ以上は分からない」と言われてしまいました。

 

息子の物語の理解力がすごく心配になるんですが、私の血をひいているからまぁ仕方ない。

いろいろ想像で補いながら考えてみます。

 

「俺はお前だ」かぁ。

 

考えられる可能性の1つは、パラドと永夢(ゲーム病に罹る前の本来の性格の方の永夢)はゲームが全てという性格が一緒だという意味ですかね。

パラドはゲームのキャラなだけに人生はゲームだという考えの持ち主のようだし、

永夢も昔はゲーム至上主義者で現実の世界をゲームのように捉えていたようですからね。

永夢が自分がゲーム病だと知り、普段の生活でも俺口調になったとき、そんな本来の性格が垣間見えましたよね。

 

他に考えられるのは、パラドが永夢の分身である可能性でしょうか。

今回、パラドがあっさりと永夢の身体をのっとったことからも、

パラドが元は永夢の一部であったというのはあり得るように思います。

この場合、もちろん永夢がゲーム病であることと関係するんでしょうね。

 

ゲーム病に罹った永夢のなかで何が起こったのか?

 

ゲーム狂の性格がバグスターとなって分離し、優しい性格だけが人間の身体にとどまった、とか?

でも他のゲーム病の人たちを見ていると、元になった人間の性格がバグスターに引き継がれている訳ではなさそうなので、この説には無理があるかと思います。

それに、永夢の中にはまだバグスターがいるみたいですしね。

 

私としては、実は永夢は2つのゲーム病に同時に罹っていた説を推したいです。

永夢の中には2体のバグスターがいたということです。

1つはパラド、もう1つは優しい性格の小児科医・永夢。

 

心優しい小児科医・永夢がバグスター説はまだ諦めていません。

ゲーム病が進行してパラドは実体化したけれど、心優しい小児科医バグスターのお陰で、

俺口調のゲーマー・永夢(人間)はかろうじて消滅を免れている。

パラドと永夢(人間)が共にゲーマーなのは偶然です。

…まぁ、違うと思うけど。私の予想は当たらないから。