映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

仮面ライダーエグゼイド 35 話感想

ゲーム病根絶のために尽力し、その過程で黎斗(人間)によって消滅させられた貴利矢が、檀政宗の手下として復活した 35 話。永夢達は、檀政宗が貴利矢のデータを上書きしたために人が変わってしまったのだろうと推察し、貴利矢にリプログラミング攻撃を行います。しかし、貴利矢は元に戻りません。「私は彼に何もしていない。彼は彼の意思で私に従っているのだ。」と言う檀政宗。貴利矢も「仮面ライダークロニクルの完成を阻止できなかったお前には失望したんだよ。」と永夢に告げます。そして何やら永夢の耳元で囁きます。それを聞いて永夢も貴利矢を倒す覚悟を決めます。

 

貴利矢は何か考えがあって、お芝居している感じですね。それを永夢にこっそり伝えて、永夢もその芝居に乗ったんではないでしょうか。檀政宗の敗北が見えてきたように思います。

 

一方、永夢のベルトを盗んだ報酬として、復元された小姫に会うことができた飛彩。しかし、小姫は消滅時の言葉「世界一のドクターになって」を繰り返すだけで、意識が戻りません。意識を戻してほしければもう一働きしろと要求する檀政宗。飛彩は今回も檀政宗の要求を呑むようです。

 

飛彩は小姫を再起動させようと必死ですね。小姫が元に戻らないという展開になると、飛彩は小姫を二度失うことになるわけですね。可哀想に。ちゃんと元に戻るといいのですが、再起動した人間と元の人間が同一人物なのかどうかは気になるところですよねぇ。 

 

ペットセメタリーのように姿形が同じだけで中身は全くの別物ならともかく、性格まで一緒となると、接する立場からは同一人物ですよね。意識が途切れていただけで、寝て起きたようなものかと。でも、それがコピーに過ぎなかった場合、何もかも同じであればある程、元の人間を冒涜しているように感じます。相手が大切であればある程、復元するかどうかは重い選択です。同一人物かどうかなんて復元された本人も含めて誰にも分からないことであり、どちらを選んでも間違いではないから難しいよね。飛彩もしんどいでしょうね…