きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

お気に入りを両手に抱えて

スポンサーリンク

あっくんの幼稚園に行くとき、ちいちゃんはぽぽちゃん人形とスティッチのキャップをつけたお茶のペットボトルを持ち、小さなリュックを背負うのが定番です。

 

ぽぽちゃんは、ちぃちゃんの1歳の誕生日におばあちゃんが買ってくれました。貰った当初は遊び方が分からず、ぽぽちゃんに興味を示さなかったちぃちゃんですが、最近はお洋服を脱ぎ着させたり、ギューっと抱きしめたりして遊んでいる姿をよく見ます。タオルのお布団を丁寧に丁寧にかけてあげて、ポンポンと寝かしつけたり。タオルが頭もすっぽりと覆ってしまっているのはご愛嬌です。

自分も赤ちゃんみたいなちぃちゃんが、赤ちゃんのお世話をしている姿は、とってもとってもキュートです。「ちぃちゃん、お姉ちゃんだね〜」と声を掛けると、イーッと口を大きく横に広げ、得意げな笑顔を返してくれます。

 

スティッチのペットボトルキャップは、パパがあっくんに買ってあげたものです。買ったものの使う機会が無く、戸棚の奥にしまいこまれていました。

この夏、外出時にペットボトルを購入することが多く、ちぃちゃんはペットボトル大好きになりました。お茶を飲みたいわけではないときも、ペットボトルを抱えて離しません。フタもしめないでウロウロしていますが、よく落っことすし、歩き方は不安定だしで、しょっちゅうこぼしていました。

「これはしんどい。なんとかせねば」と考えていたときに思い出したのが、このペットボトルキャップです。本当はストローもついているストローホッパーキャップだったんですが、一度も使うこと無くストローはどこかへいってしまいました。。でも、ストローが無くても大丈夫!ダイレクトタイプの水筒のようにぐいーっとペットボトルを持ち上げる必要はありますが、ちゃんと飲めます。

このペットボトルキャップは水筒よりもフタの開け閉めが簡単で、ちぃちゃんも自分で開閉できます。ペットボトルを横や逆さにすると少し中身が漏れますが、ティッシュで簡単に拭き取れる程度で許容範囲です。とても快適にお茶を持ち歩けるようになり、私もちぃちゃんもご機嫌です。

 

リュックはおばあちゃんがだいちゃんに買ってくれたものです。だいちゃん、あっくん、ちぃちゃんと受け継がれてきました。お出かけ先で記念に買ったバッチをじゃらじゃらと付け、我が家の歴史が刻まれています。

このリュックは赤ちゃん用の小さいサイズで、オムツ2枚とおしり拭きを入れるのにピッタリです。子どもと一緒のお出かけは荷物がいっぱいになりますからね。歩けるようになったら自分のオムツは自分で持つのが我が家のルールです。

お兄ちゃん2人が、ランドセルや幼稚園バッグを背負って毎朝家を出るのを見ているちぃちゃん。なんでもお兄ちゃんの真似をするちぃちゃんは、お出かけするときは自ら進んでリュックを背負います。私が忘れていると自分の背中を指して「う?(リュックがないよ)」と教えてくれます。

 

リュックを背負い、右手にぽぽちゃん、左手にペットボトルを抱え、ちぃちゃんは一生懸命におしりをふりふり歩きます。ぽぽちゃんのイチゴの帽子を落とし、屈んで帽子を拾うとペットボトルを落とし、私が拾ってあげようとすると「だ!(私が拾うの!)」と怒り、しかしペットボトルを拾うとまた帽子が落ち、「う?(やっぱり拾って)」と見上げてくる。

抱っこして歩けば5分で着くところが20分かかってしまいますが、15分早く家を出る価値のあるひとときです。

 

スティッチ ストローホッパーキャップドーム型

スティッチ ストローホッパーキャップドーム型

 

 ストローはどこにいっちゃったのかなぁ。。

プライバシーポリシーと免責事項