きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

あっくんのデザート

スポンサーリンク

夕食のデザートはリンゴが多いです。デザートといいつつ、夕食前に食べちゃうんですけどね。

調理の手順はまな板を洗う回数が少なくなるように決めています。焼いている間、煮込んでいる間にリンゴを切る、なんてことはしません。調理時間を短くするより、洗い物を少なくする方が優先です。だから夕食の準備を始めたら、一番初めにリンゴを剥きます。生で食べるものから切っていかなきゃ。

リンゴを切っていると、子ども達が「リンゴちょーだい!」とやってきて、自分の分をまな板から取っていきます。リンゴが無いときも、大根を切っていたら「リンゴちょーだい!」とやってきます。「これは大根だよ」と言うと、だいちゃんとあっくんは帰っていきますが、ちぃちゃんは「ごー!(リンゴちょーだい!)」と納得がいかない様子です。

私も切っている間に食べてしまうので、夕食の席でリンゴが並んでいるのはパパだけです。ずっとそんな感じでやってきたのですが、ある日あっくんがリンゴを食べながら「お皿を出して」と言ってきました。りんごを小さく齧ってはお皿に並べ「これはデザートなの」とテーブルに大切に置いていました。夕食が始まると「これはご飯なの」と言ってさっさと食べちゃっていましたが。

5日間くらい、「これはデザートなの」と小さく齧ったリンゴをテーブルに置き、「これはご飯なの」と夕食が始まるとさっさと食べるというのを繰り返していました。そして、まな板から直にリンゴを食べる生活に戻りました。