きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

はんぶんこになった芋虫

スポンサーリンク

夏休みが終わってから、あっくんは虫採りに夢中です。毎朝虫かごを首から下げて幼稚園に登園します。

毎日、バッタやら蝶やら蜘蛛やら持って帰ってきます。いや、蜘蛛って。。蜘蛛も虫だけど、虫採りの虫の中に蜘蛛が含まれているとは想定外でした。子どもの発想って自由ですね。でも本当に勘弁してほしい。親指の爪ぐらいのサイズの小さな蜘蛛だったけれど、毛が生えていたし。。

一週間ほど前、ちぃちゃんと幼稚園に行ったついでに、自由遊びの時間をこっそり覗いてみました。お友達数人と虫かごを持って園庭の草むらを真剣に覗きこんでいるあっくんがいました。私達に気付くと嬉しそうに走ってきて、

「芋虫だよ〜。蝶々になるんだよ〜」

と、とっても良い笑顔でもぞもぞ動く黄色い芋虫を見せてくれました。「キャハー!」とちぃちゃんが興奮していました。

幼稚園から帰ってきたときにも虫かごの中に芋虫がいましたが、茶色く変色し動かなくなっていました。これは。。

「ねんねしてるんだよ。目が覚めたら蝶々になるよ」

その日、あっくんは嬉しそうに何度も何度も「蝶々になったかな〜」と虫かごを覗きに行っていました。翌朝、ごはんを作っている私のところに、あっくんが興奮してやってきました。

「芋虫がはんぶんこになってる!」

腐って千切れちゃったのかしら。。と恐る恐る見に行ったら、茶色く縮こまったままでした。

「ほら!小さくなってるでしょ!」

と、あっくんは自分も小さく丸まりながら興奮し続けていました。半分の大きさになっていると言いたかったみたいです。ややこしい言い方をしないでほしいわ。

「もうすぐ蝶々になるんだよ!」

あっくんは自信満々に宣言しました。

 

微動だにしない茶色い芋虫は、いまだ虫かごの中にいます。いつ諦めさせようかなぁ。。。

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作

 

 「はらぺこあおむし」のさなぎに確かに似ているのよね。