きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

神様の言うとお…おり

スポンサーリンク

あっくんが新幹線のジグソーパズルで遊んでいるのを、ちぃちゃんを抱っこして横から見ていました。

「ママもやって」

と言うので

「ママは速いよ〜」

と本気でやったら

「ママはゆっくりやるのよ。ほら、こうよ」

とピースをゆーっくりと運ぶ遊び方を教えてくれました。で、あっくんは真剣に、私は 0.1 倍速で、ちぃちゃんはマイペースに、3人でパズルをしました。

 

あっくんは似たような色のピースを集めて、ちょっとずつ着実にピースをつなげていきます。ちぃちゃんは、手元にある絵柄も裏表も異なるピースを強引につなげて「たー!(できたー!)」と喜んでいました。

そんなちぃちゃんを「ちぃちゃん、バメ!(ダメ!)」とあっくんが咎め、怒られたちぃちゃんがシュンとなって泣きべそをかき、私があっくんに言い方を注意すると、あっくんが不貞腐れて「一緒に遊ばない。。」と部屋を出て行ってしまい、かと思うとすぐに帰ってきて「ちぃちゃん、こうだよ」と仲良く遊びだす。しかし、ピースの上に座るという遊びを始めたちぃちゃんに、またあっくんが怒り、ちぃちゃんが泣いて、以下繰り返し。

 

遊んでるんだか喧嘩してるんだか分からない感じでパズルは進み、あと1ピースで完成というところまで来ました。

「最後はあっくんがどうぞ」と最後のピースを渡すと、あっくんは「どちらにしようかな、天の神様の」とあっくん、ちぃちゃん、私を指差し選び始めました。

「言」→ ちぃちゃん

「う」→ 私

「と」→ あっくん

「お」→ ちぃちゃん

まで来て、固まってしまったあっくん。最後のピースを持ってたっぷり10秒ほど黙り込んでしまったあっくんに、「お」と私を指差しながら助け舟を出したら、満面の笑顔で「り!」と自分を指し、最後のピースを嵌めていました。

 

くもんのジグソーパズル STEP5 集合!特急・新幹線

くもんのジグソーパズル STEP5 集合!特急・新幹線

 

 やっていたのはこのパズル。だいちゃんもあっくんも新幹線や電車が大好きです。