きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

子どもの髪型 ②

スポンサーリンク

だいちゃんはソフトモヒカンです。

ソフトモヒカンといえば ベッカムを思い出す世代です。オシャレに疎い私は、ソフトモヒカンはオシャレな人がしているオシャレな髪型だと思っていました。でも、だいちゃんのはオシャレではなく、単に頭頂部を残して刈り上げているだけです。1000 円カットでバリバリとバリカンで刈ってもらっています。こういうのもソフトモヒカンというんですね。

だいちゃんがソフトモヒカンになったのは、私が「男は短髪!」派だからです。でも、あっくんの坊っちゃんカットがあまりにも可愛らしかったので、だいちゃんに「髪の毛を伸ばしてみる?」と提案したところ、「いや、いい。この髪型好きだから」という返事。おやおや、それは初耳です。どの辺が好きなのかしら。

「僕の頭の後ろの髪はすごく気持ち良いんだよ。ほら触ってごらん」

そう言って後頭部の髪をサワサワと撫でるだいちゃん。「ほらほら」と頭を向けてくるので、私も触らせてもらいました。あぁ、確かに。手入れの行き届いた芝生を撫でているような。。ちょっとチクチクするのも気持ち良い。刈り上げにはこういう良さもあるんですねぇ。

思わぬ理由で本人が気に入っているようなので、ソフトモヒカンを続行しています。しかし、短髪の髪型って維持が難しい。すぐに髪が伸びてきて、サリーちゃんのパパみたいになってしまうので、毎月毎月 1000 円カットで髪を切ってもらっています。こんなに足繁くカットに通うのは人生で初めてだわ。

最近もまた髪の毛が伸びてきました。

「髪が伸びて髪型が変わってきたねぇ。また髪を切りにいかなきゃね」

と声をかけると、だいちゃんは少し伸びた後頭部の髪をサワサワしながら

「でも僕の髪の毛はまだ気持ち良いから、まだ切らなくていいよ」

と。カットの判断基準はそこなのか。