きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

パパの凄技

スポンサーリンク

だいちゃんと2人でお出掛けするときは、パパにあっくんとちぃちゃんを見てもらっています。

私たちが家を出るとき、パパはまだ布団の中です。

「出掛けてくるから、あっくんとちぃちゃんをよろしくね」

と声を掛けると

「いってらっしゃい」

と返事があるので、一応目は覚めているようです。

あっくんとちぃちゃんはお出掛け好きなので、私が出掛けようとすると「あたるも行く〜!!」「たい!たい!(私も行きたい!)」と泣いて縋ってくるのですが、「今日はお留守番よ〜」と泣き叫ぶ2人を振り切って出掛けます。

あの状態の2人を相手にするのは大変だろうなぁと、昔はパパに同情していたものです。

 

私たちが家に帰ると、パパとあっくんとちぃちゃんは川の字で布団の中にいます。パパは眠っています。あっくんとちぃちゃんは眠っているときもあれば、目がぱっちりと開いているときもあります。

眠っていないときは、目を開けて天井を見つめ、パパの隣でじっと大人しく横になっています。「ただいま」と声を掛けると「おかえり!」「りぃ!」と布団から抜け出してきて、いつものように騒ぎ始めます。

パパに「大変じゃなかった?」と尋ねると、「2人ともずっと大人しく寝ていたよ」とのこと。毎度毎度いつもそうです。

私もこの技欲しい!!私といるときも一緒に静かに寝てほしい!!