きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

皆で予防接種に行きました。

スポンサーリンク

子ども達とインフルエンザの予防接種を受けに行きました。

だいちゃんは親の保定なしで、一人で椅子に座って注射してもらいました。顔をしかめていたけど、泣かずに頑張っていました。成長したなぁ。

あっくんは針がささった瞬間に大泣き。親の保定も、看護師さんの保定もほどかんばかりに全力で暴れだしました。あっくんの叫び声は、待合室の子ども達を不安に陥れたことでしょう。子ども達にも、またその親御さんにも悪いことをしました。。

あっくんの暴れっぷりを目の前で見たちぃちゃんは、椅子に座るところから拒否。でもまだまだ力が弱いので、あっさり私に抱え上げられ、ちゃっちゃと注射を打ってもらいました。

 

注射が終わったら、先生がシールをくれました。だいちゃんとあっくんにはパンダのシール。ちぃちゃんにはキティちゃんのシール。だいちゃんは貰ったシールをクールにちぃちゃんにあげていました。いや、本当に成長したなぁ。もうシールじゃ喜ばないのね。

憂鬱な注射が終わって3人ともご機嫌。会計に呼ばれるまでの間、だいちゃんは本を読み、あっくんは液体時計を観察し、ちぃちゃんはシールを手に貼ったりシートに戻したりして遊んでいました。

 

これだけ静かに遊んでいるなら大丈夫、と子ども達を置いて会計に立ちました。会計を済ませ、ちょっと手間取りながら3人分の診察券やら保険証やらを片付け、子ども達のところに戻ろうとすると、足下にちぃちゃんがうずくまっていてつまづきそうになりました。

「ごめん。全然気づかなかった」とちぃちゃんの手を取って立たせようとしてビックリ。私のズボンがパンダとキティちゃんのシールだらけ。なんの変哲もない黒無地のパンツが、ポップでキュートなパンツに様変わりしていました。。

もちろん剥がして帰りましたが、洗濯するときにパンダのシールが一枚残っていたことに気づきました。あらら。