Three Snowmen

子ども達と過ごした日々

オートフォーカス

スポンサーリンク

秋は運動会に学芸会に、イベントがたくさんあって楽しいやら忙しいやら。

パパは仕事で参加できないことが多いので、我が家のカメラ係は私が担うことが多いです。ちぃちゃんの相手をしながら、保護者席に座ってゆる〜く撮影しています。我が子の晴れ姿も見ずに仕事をするパパのために、せめて写真やビデオを見せてあげないとね。

パパが仕事から帰って来たら上映会をします。遅い食事をとるパパの前にノート PC を置いて皆で見ます。子ども達は自分達のビデオを見るのが大好きです。何回見ても「もう一回」「もう一回」とキリがありません。

そんな感じで私が撮影した運動会のダンスを何回も見ていて「私の撮影した動画はセンスがないなぁ」としみじみと思いました。ブレているとか、ピントが時々合っていない(オートフォーカスだから、前の座席に座っている人の頭が入っちゃうとそちらにピントが合っちゃうんですよね。かといって自分でピントを調整するような技術もない)とかはしょうがないとして、私が撮る動画は我が子しか写っていないのです。ずーっと我が子がアップで写っているので、ダンスの全体像がさっぱり分からない。フォーメーションチェンジとか頑張っていたんですけどね。

これはイカンと、あっくんの学芸会のダンスは舞台全体を撮るように心がけました。

で、夜いつものように何度も繰り返し動画を見たのですが、やっぱりダンスの全体像が頭に入ってこない。舞台全体が写っているのですが、目があっくんだけを追ってしまって。。こういう現象って私だけなのかしら?