きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

耳の穴事情

スポンサーリンク

耳の形は人それぞれ違っているんだそうですね。何かの刑事ドラマで、耳を窓に押し付けたときに付いた跡が犯人逮捕の決め手となっていました。相棒だったかしらね。

子ども達の耳掃除をしていて、耳の穴も人それぞれなんだと知りました。掃除しやすい耳の穴と掃除しにくい耳の穴があります。

ちぃちゃんの耳の穴は真っ直ぐ下に伸びていて、よく見えるし耳かきを入れやすい。ちぃちゃんの耳掃除が一番楽です。あっくんの耳の穴は細いので、ちょっと見え辛い。そして、だいちゃんの耳は難しい。穴自体は大きいのだけど、角度が良くない。耳の穴が後頭部に向かって伸びているので、穴の中が見えないし耳かきも入れ辛い。

だいちゃんの耳掃除をするときは、耳たぶを引っ張りながら見える角度を探し、それでもよく見えないので耳かきで穴をこするようにして、なんとなくやっていました。これが痛かったようで、だいちゃんは耳掃除を嫌がるようになってしまいました。。

そんな時、私は耳掃除はしなくてもいいという情報をテレビから仕入れました。なんでも耳垢というのは勝手に排出されていくものなんだそうです。耳掃除は耳の穴を傷つけたり、耳垢を穴の奥に押し込んでしまったりで、むしろ害悪だと。

これ幸いと私はこの情報に飛びつきました。「耳掃除って必要無いんだって」と言いながら、一年以上だいちゃんの耳をほったらかしていました。

そして、小学校入学を控えた秋のある日、だいちゃんは未就学児検診で耳孔塞栓と診断されました。耳孔塞栓とは耳垢で耳の穴が塞がってしまっているという病気です。耳鼻科でだいちゃんの耳掃除をしてもらったら、汚い話で恐縮ですが、耳の穴の奥の方から黒い塊が出てきました。あんな色の耳垢は初めて見ました。ほったらかしすぎましたね。。

 

ののじ LED ママ・ミエール

ののじ LED ママ・ミエール

 

 耳かきも進化しましたね。