きまぐれ子育て記

3人の子ども達と過ごす日々

箱入り息子と箱入り娘

スポンサーリンク

オムツは箱買いしていました。

家にはオムツが入っていたダンボールの箱が常にゴロゴロしていて、せっせと捨てていましたが、あるとき「もったいないな。。」と思ったのです。そこで、ダンボールでクリスマスツリーを作ったり、再利用を頑張っていた時期がありました。

私のお手軽オムツダンボール再利用作品におもちゃ箱があります。

ダンボールおもちゃ箱の作り方
  1. ダンボール箱と包装紙と両面テープとガムテープを用意します。
  2. ダンボール箱の蓋の部分を内側に折り込み、ガムテープで縁を貼り付けます。
  3. ダンボール箱の縁に両面テープを貼り付けます。
  4. 包装紙を巻きつけて出来上がり。

f:id:kazuyuki_t:20180211162844p:plain

両面テープを使うところが私の唯一のこだわりです。他はどうでもいいんですけど、両面テープだけは譲れないかな。両面テープを使うことにより、縒れることなくピシッと決まるんですよ。

パンパースの箱はプラレール入れやぬいぐるみ入れ等々に変身し、ちょっと嵩のあるメリーズの箱には剣や盾、銃などの戦いごっこセットを入れています。もう3年ほど使っていますが、子ども達の乱暴な扱いにも耐え、まだまだ現役です。オムツのダンボール箱は本当に頑丈なんですよ。

このダンボールおもちゃ箱の一番良いところは、捨てるのが簡単だというところです。ダンボール箱を捨てるのとほぼ同じ手間で捨てられます。包装紙でダンボール箱をラッピングする私をパパは白い目で見ていましたが、私的にはナイスなアイデアだと思っています。

困っているのは、子ども達がおもちゃ箱で遊んでしまう点です。。我が家の子ども達は箱を見ると入りたくなるらしいのです。プラレールやぬいぐるみを床に全部ぶちまけて、空っぽの箱で遊びます。連ねた空箱の先頭に座り「ガタンゴトン」と言いながら体を揺らす電車ごっこ。伏せた空箱に潜んでノソノソ歩く亀ごっこ。1人ずつ空箱に入ってテレビ鑑賞。。。

 

テレビを見るのに何故箱がいるのかしら?