Three Snowmen

子ども達と過ごした日々

あっくんの指導

スポンサーリンク

我が家の子ども達は、そして私もテレビが大好き。「クレヨンしんちゃん」も毎週見ています。

テレビの影響を受けやすいあっくんが、先日、しんちゃんの真似をして「ケツだけ星人」をしていました。ズボンとパンツを脱いで「ブリブリ〜ブリブリ〜」と言いながらお尻を振るアレです。だいちゃんはそんなことしなかったわよ。。

「ケツだけ星人はテレビの中だから許されるの!ズボンとパンツを人前で脱いだらカッコ悪い!」と叱ったところ、あっくんはズボンとパンツを脱ぐことはやめました。しかし、「ブリブリ〜ブリブリ〜」と小声で言いながら服を着たままお尻を振っています。

品の良い姿ではありませんが、あんまり怒りすぎるのもなぁと思い、見ていないフリをしていたのです。

そんなある日、あっくんとちぃちゃんがかくれんぼをして遊んでいました。

ちぃちゃんが隠れる番、あっくんは部屋の片隅で「ブリブリ〜ブリブリ〜」とちぃちゃんが隠れるのを待っていました。(またやってる。。)と思いながら、私はそれに気づかないフリをしていました。

そして、あっくんが隠れる番。なかなか鬼になろうとしないちぃちゃんの手を引いて、あっくんは「今度はちぃちゃんが鬼よ」と部屋の隅にちぃちゃんを連れて行きました。

「ここで『ブリブリ〜ブリブリ〜』って待つのよ。分かった?」

とちぃちゃんに指導するあっくん。

「ブリブリ〜ブリブリ〜」

と素直に従うちぃちゃん。いや、そこは得意の「イヤ!」で拒否してよ。。