Three Snowmen

子ども達と過ごした日々

怖がりなあっくん

スポンサーリンク

いつも楽しそうで怖いものなんてなさそうだったあっくんが、だんだん怖がりになってきました。1人で部屋にいると「迷子になっちゃった」と泣いて私を探しに来たり(自宅での話です)、昼間からトイレに1人で行くのを怖がったり(こちらも自宅のトイレの話です)。

 

先日、遊園地に遊びに行きました。あっくんは観覧車やジェットコースターに乗って、とっても楽しそうでした。高いところもスピード系も全く怖くないようで、怖がっている付き添いの私を励ましてくれていたほどです。

途中でお化け屋敷に通りかかり、だいちゃんの希望で皆で入りました。入る前にどういう場所か説明したのですが、あまり理解していなかったあっくん。お化け屋敷の中盤で歩みが止まり、べそをかきながらおびえ、屋敷から出た後は「入りたくなかった!」と怒っていました。そうでしょうね。

お化け屋敷の後も色んなのりものに乗り、すっかり機嫌が直ったかに見えたあっくんでしたが、帰り道で「お化け屋敷が怖かったから、遊園地楽しくなかった」と怒るなど、随分引きずっている様子でした。

あっくんの怖がりは加速し、大好きなクレヨンしんちゃんも恐怖回は見なくなりました。昨日、クレヨンしんちゃんの『行き先のわからないバスだぞ』のビデオを見ていたら、「これは見ないの」と言っておもちゃの盾に隠れていました。自分を守るだけでは足りず、「お母さんも見ちゃバメ」と言って私も盾の後ろに隠してくれました。遊んでいると勘違いしたちぃちゃんも盾の後ろにやってきて3人で小さくなっていたら、怖がっていたあっくんは楽しくなってきたらしく「グフフフフ」と笑っていました。